2016年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【食】クリスピードーナツ、あの新宿1号店も閉店へ
     
     
    【【衝撃】クリスピー・クリーム・ドーナツ新宿1号店閉店www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/12/15(木) 09:47:47.73 ID:
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010001-yomidr-sctch

     歯科医師が2029年に約1万4000人過剰となるという推計を厚生労働省がまとめた。厚労省は文部科学省と連携し、
    歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げを検討する。

     歯科医師は14年で約10万人おり、20年間で約2万人増えた。開業する歯科医師も多く、
    診療所数は約6万9000で、「(5万店超の)コンビニエンスストアより多い」と指摘される。競争激化から診療所の
    経営が厳しさを増す中、不必要な診療が行われたり治療が長引いたりする懸念がある。

     厚労省は、将来の歯科医師の過不足を把握するため需給見通しを試算した。現行の歯科医師数や
    国家試験の合格者数から、将来の歯科医師数を推計。少子高齢化を踏まえた推定患者数や歯科医師が
    1日に診る患者数などから、必要となる歯科医師数を算定した。

     1日に診る患者数を厚労省や日本歯科医師会の調査を基に3段階で想定すると、
    17年は3100人不足~1万5600人過剰、29年は600~1万8100人過剰と幅が出た。
    厚労省の有識者検討会が、中間的な想定が精緻で妥当と結論づけたため、最終的な推計値は17年で1万1300人、29年で1万4100人過剰になるとされた。
    2:2016/12/15(木) 09:49:10.71 ID:
    年収300万がこのままだと年収200万になっちゃうから削減するのか?
    【【医療】歯科医、2029年には1万4千人過剰…合格基準引き上げも検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/12/16(金) 19:29:56.95 ID:
    http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/16/147994.html



    自転車パーキング事業などを展開する日本コンピュータ・ダイナミクスは、
    モバイル電動空気入れ「Smart Air Pump M1」を発売すると発表した。

     自転車ブームが定着し、高額な自転車を購入するユーザーが増えた。
    自転車のタイヤというのは、理想を言えば1週間に1度は適正な空気圧での充填が必要なものだが、
    多忙などを理由に、そのまま乗り続けてしまうユーザーも多く存在する。適正な空気圧ではない場合、
    乗り心地に影響するだけでなく、パンクやホイールの破損につながることもあるため、注意が必要だ。

     「Smart Air Pump M1」は、コンプレッサーとリチウムイオン電池を搭載しており、どこでも簡単に、
    自動でタイヤに空気を入れることが可能なアイテム。本体サイズは長さ 148.5 × 幅 77 × 高さ 26.5m、
    重量400グラムと小型・軽量で、持ち運びにも便利だ。

     スイッチを押すだけで、設定した空気圧まで自動的に注入できるほか、液晶ディスプレイで
    空気圧を4単位(PSI、BAR、KPA、kgf/cm2)で設定可能なため、初心者でも簡単に操作できる。
    設定した空気圧に達すると、自動で停止するため、多忙なビジネスパーソンでも通勤前に使いやすい。
    口金は米式、仏式、英式バルブに対応しており、自転車と同様にオートバイや自動車のタイヤの空気入れとしても使うことができる。

     「Smart Air Pump M1」はウェブサイト「B’s supply(ビーズサプライ)」にて20日発売で、価格は税抜11,500円となっている。
    3:2016/12/16(金) 19:33:28.96 ID:
    もっと小さくしなさいよ
    4:2016/12/16(金) 19:35:28.70 ID:
    もっと安く
    5:2016/12/16(金) 19:37:01.37 ID:
    たっか
    車用の空気入れ3千円くらいで売ってるだろ
    電池代8千円か?
    【【商品】自転車用モバイル電動空気入れ「Smart Air Pump M1」、20日に発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/12/15(木) 20:17:08.07 ID:
     新垣結衣と星野源が主演する連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥、TBS系)の第9話(12月6日放送)の総合視聴率が30.0%を記録したことが15日明らかになった。TBSによると、総合視聴率30.0%は自己最高で、20日の最終回放送を前に初の大台突破となった。

     総合視聴率は、ビデオリサーチが10月3日から900世帯を対象に調査を始めたもので、従来の視聴率に、ビデオレコーダーの録画再生で放送から7日(168時間)以内に見られた「タイムシフト視聴率」を加えることで、番組の人気度をより忠実に反映した数字。11月14日に発表されたタイムシフト視聴率上位30番組のランキングでは、「逃げ恥」(10月25日放送分)が13.7%を記録し、リアルタイムの視聴率(12.5%)を上回り、首位を獲得している。

     来週放送の最終回は、20日午後10時から15分拡大スペシャルで放送される。従業員と雇用主という契約結婚から始まった2人の関係は、一体どんな結末を向かえるのかに注目が集まっている。【兵頭和行】

    毎日新聞 12/15(木) 19:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000084-mai-soci
    4:2016/12/15(木) 20:18:40.67 ID:
    総合視聴率wwwwwwwww
    【【ドラマ】「逃げ恥」総合視聴率30% 自己最高 初の大台】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/12/15(木) 08:19:00.26 ID:
    “合法ロリ巨乳”こと長澤茉里奈


    アイドルグループの放課後プリンセスが14日、5期生・長澤茉里奈(21)の年内でのグループ脱退と、来年3月に予定していた名古屋・大阪・福岡・東京の4都市ツアーの中止を公式サイトで発表した。

    公式サイトでは、長澤についてのお知らせとして、「希望により2016年12月31日を持ちまして放課後プリンセスを脱退する事が決まりました。また、弊社とのマネージメント契約が終了する事を合わせてご報告させて頂きます。
    放課後プリンセス長澤茉里奈を応援して下さった多くのファンの皆様のご期待に応えられず申し訳ございません。また、関係各社様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と記した。今後については未定だという。

    長澤は、脱退することについて「前から悩んでいた事で私の希望です。所属事務所も離れる事になります。急なお知らせになってしまったこと本当にごめんなさい。ダンス、歌のパフォーマンスもそうですが気持ちがついていけずステージが怖いと思う日もありました。

    このタイミングで辞めるのは卒業ではなく脱退になってしまいますが自分の決断に悔いはないです。3年半続けた放プリの残り少ない時間、宜しくお願いします」などとコメントした。

     また、放課後プリンセス4都市ツアー中止のお知らせとして、「長澤茉里奈を含むメンバーで発表した3月に行われる予定の名古屋・大阪・福岡・東京の4都市ツアーを中止致します。チケットの払い戻しに関しましては詳細が決まり次第、後日、オフィシャルHPにてお知らせいたします。お知らせまでもうしばらくお待ちください。払い戻しの対象となる公演は、
    全公演となります。放課後プリンセスと致しましては、仕切り直して全国の皆様にお会いできる機会を作ります」とツアーの中止も発表した。

    長澤の「卒業LIVE」については、今回は「卒業」ではないため行わないことも発表。最後の出演日について決まり次第発表するという。
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161214-OHT1T50065.html

    “合法ロリ巨乳”長澤茉里奈、年内で放課後プリンセスを脱退 「今、自分自身を見つめ直したい」
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161214/ido16121413210001-n1.html
    2:2016/12/15(木) 08:20:13.88 ID:


    4:2016/12/15(木) 08:29:39.17 ID:
    一人だけ売れかけてたから別事務所への引き抜きかなって思った
    5:2016/12/15(木) 08:34:59.16 ID:
    これは天狗になってますわ
    【【悲報】 合法ロリ巨乳 こと 長澤茉里奈、所属事務所と契約解除! グループ脱退と4大都市ツアー中止でチケット払い戻し!】の続きを読む

    このページのトップヘ