2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/26(水) 14:41:59.97 ID:
    ★日本はアメリカの「劣等同盟国」だった!米諜報機関の秘密ファイルを入手
    2017/4/25 15:09

    米国NSA(国家安全保障局)の秘密未公開ファイルをNHKが入手した。
    日本に関する内部報告書13通の中には、米国が同盟国の日本を諜報活動の対象にし、
    情報を他国と共有していたことや、横田基地の通信施設建設や沖縄県内の施設移転経費を
    日本が出したことなどが記されている。驚きの事実を政府がひた隠しにしていた可能性が高まった。

    武田真一キャスター「極秘文書のスクープです」

    NHK久々のスクープというだけで終わらせずに、米国が日本をどう扱ったかの実態解明と
    税金が米軍のために使われた疑惑の追及を、この際、他メディアも野党も進めなければいけない。

    「米国は世界中で盗聴や通信傍受を行っている」と告発してロシアへ亡命したエドワード・スノーデン
    元CIA職員が2013年に暴露した資料には「コレクト・イット・オール」(すべてを収集する)と記述されていた。
    オバマ政権はいきすぎを認めたが、あの「スノーデンファイル」は秘密資料の一部に過ぎなかった。

    NHKはスノーデン氏が調査報道NPOの「インターセプト」に託したファイルの提供を受けて取材を進め、
    米国、ニュージーランドなど5カ国だけが閲覧できるというトップシークレットを読むことができた。
    この5カ国「ファイブ・アイズ」に日本は入っておらず、ことあるごとに日米同盟を強調する
    日本政府は随分と軽く扱われていたことになる。

    ■日本が米国の諜報活動に資金提供

    その秘密ファイルには、日本が米国の諜報活動に協力して、資金を出したとしるされている。
    2007年、沖縄県内で通信施設を移設するとき、日本から約5億ドルが提供されたという。
    ファイルには「このミッションは無事、完了した」とある。

    米軍横田基地でも最新鋭の通信施設建設費660万ドルの「ほとんどを日本が拠出し、
    37万5000ドルの人件費まですべて日本政府が支払ってくれた」と書かれていた。
    さらに「紛争地での諜報活動に使われた」「特筆すべきはアフガニスタンのアルカイダ攻撃を
    支えたアンテナである」といった記述もあった。

    この件についてNHKはNSAに問い合わせたが「一切コメントしない」との回答だった。
    防衛省は「どのような資料か承知していないため、コメントを差し控えます」としている。

    米国NSAの元職員、カーク・ウィービー氏は「傍受記録はすしの箱に入れてあり、
    魚の臭いがしたことを覚えています」と語る。

    田中泉アナ「日本は米国の同盟国の中でサード・パーティというグループに分類され、
    秘密情報の共有は限定的です」

    ■日本が監視対象に

    しかも、日本そのものが諜報活動の監視対象になっていた。

    2007年に米国で開かれたIWC(国際捕鯨委員会)総会は、商業捕鯨が再開されるかが焦点だった。
    日本は日本沿岸での小規模捕鯨ができるように改める案を切り札に加盟国に働きかけていた。
    「ロビー活動などで手ごたえを感じていました」(交渉団の一員だった森下丈二氏)という。

    秘密ファイルによると、このとき反捕鯨国は「会場から30キロ離れた米空軍基地に毎朝7時に
    行く必要があった」という。ファイルは具体的内容までは書いていないが、日本の動きに関する
    秘密情報をファイブ・アイズの国々で共有していた。ファイルには「秘密にした資料をニュージーランドや
    オーストラリアの代表に声を出さずに読んでもらって、読み終えるとシュレッダーにかけた」とある。

    ジェフリー・パルマ元ニュージーランド首相は「詳しいことは言えないが、とても役に立ったとは言える」と、
    米国から諜報内容を伝えられていたことを認めた。IWC総会は日本の事前感触とは違って、
    沿岸捕鯨案は議論も採決もできなかった。

    今回わかった予算や情報の流れからは、日本が思うほどには米国は扱ってくれず、
    まるで「劣等同盟国」ともいうような実態が浮かび上がる。日米地位協定の改定やオスプレイの
    配備再検討なんか、切りだすこともできないはずだ。

    武田キャスターは「木曜に第二弾を放送します」と結んだ。(抜粋、全文はリンク先へ)

    *クローズアップ現代+(2017年4月24日放送「アメリカに監視される日本 スノーデン"未公開ファイル"の衝撃」)
    https://www.j-cast.com/tv/2017/04/25296444.html?p=all
    2:2017/04/26(水) 14:47:04.97 ID:
    2番でいいんだもんな、あれだけ騒いだ与党支持者は
    愛国者は与党に居ないと思う
    【日本はアメリカの「劣等同盟国」だった!米諜報機関の秘密ファイルを入手 [04/26]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/16(日) 14:45:47.70 ID:
    ★韓国では「4月27日危機説」 在韓邦人の保護は間に合わない
    AbemaTIMES 4/16(日) 14:08配信

    金正恩氏は最高指導者に就任してから5年目となった。11日に開催された最高人民会議では、
    核やミサイルについて触れることは一切なく、19年ぶりに外交委員会が設置された。

    メンバーには6カ国協議や米朝交渉を担ってきた金桂冠第1外務次官も入っている。
    この人選は対話による解決へのアピールなのだろうか。しかし、外交委員会は時間稼ぎの
    偽装で、交渉するふりをして、核開発を続けるのではないかという冷ややかな見方もある。

    韓国ではSNSなどで4月27日危機説がうわさとして広がっている。新月で暗闇のため
    アメリカのステルス爆撃機による空爆しやすいなどとまことしやかに言われている。
    これに対し、韓国政府は火消しに躍起になっている。

    こうした状況下で、日本としては北朝鮮有事勃発時の邦人保護が大きな課題となっている。

    辺氏は「(在韓邦人の保護は)間に合わない。トランプ大統領は北朝鮮が核実験の
    兆候をみせたら叩くと言っている」と話し、危機感を持つべきだとした。

    山口氏は「NEOという言葉を覚えてほしい」と切り出す。「NEOとは在韓米軍とその家族を
    有事の際に避難させる作戦のことをいう。つまり北朝鮮が暴発した場合ではなく、
    アメリカが先制攻撃をする場合、韓国にいる在韓米軍の家族は静かにいなくなる。
    これは公表するものではないが、たくさんの人がいなくなる。その訓練を去年の秋にやっている。
    実際に嘉手納基地などに逃げる予定だ」と明かし、「アメリカが軍事行動を起こす時、
    NEOをやると思う」と解説した。

    辺氏は「1994年にクリントン政権が北朝鮮を叩こうとした時に、駐韓アメリカ大使館を
    中心に密かにアメリカ人が韓国から去るような(動きがあった)。これを韓国の情報機関が
    キャッチして大統領に報告した」と解説。辺氏によると、当時の韓国大統領が
    アメリカ大統領に電話をして確かめたところ、北朝鮮に行動を起こすことを検討
    していることを認めたという。

    山口氏は「安倍総理は委員会で『北朝鮮はサリンの弾頭化に成功している』と言った」と明かし
    「危ないよ、と言うと日米の機密を言っていることになるので、政権側は(国民に)何とか
    汲み取ってほしいと思っている。国会で森友問題をやっているのは野党の問題」と日本政府、
    国会の対応を説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010006-abema-int
    2:2017/04/16(日) 15:06:04.28 ID:
    死を覚悟の上で訪韓しているとは言え
    ちょっと可愛そうではあるね
    何もしてあげられないのがもどかしい
    【【半島緊迫】韓国では「4月27日危機説」 在韓邦人の保護は間に合わない [04/16]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/13(木) 17:11:21.94 ID:
    俳優の坂上忍(49)が、タレント梅宮アンナ(44)の育児論について「娘を第一に考えているっていってもイマイチ響かない」と指摘した。

    13日放送のフジテレビ系「バイキング」では、アンナ独自の育児論を取り上げた。
    これまでに賛否を呼んだ「娘に料理を作らない」「母乳をあげない」「中学生の娘と別居」といった育児方法の是非について視聴者アンケートが実施された。

    アンナは料理を作らないことについては、「子どもにまず聞くんですよ。『お弁当作らなきゃいけないですか』って。
    そしたら『興味ないから』って」と、子どもの要望を尊重してのことだと釈明した。

    母乳をあげなかったことについては、過去に週刊誌に語った「バストの形が崩れるから」とのコメントが紹介された。
    さらに自身は、アメリカで出産した際に医師から、芸能界で仕事を続けるためには、母乳よりも粉ミルクで育てた方が良いとアドバイスされたと話した。

    娘を実家に預け、自身は別のマンションに部屋を借りるという別居生活を送っていることについては
    「お仕事をやらなければいけない自分と、母親である自分を考えた時に1番どうしたら彼女がさみしくないかを考えて」のことだと主張した。

    また、アンナは「子どものために自分を犠牲にすることって、それがすごく美しいとされている。
    でも私はそうは思っていなくて、まず自分が笑えるようにすることが娘にとってもいいと思う」との持論も展開した。

    視聴者アンケートでは、いずれの項目でも「なし」が8~9割という結果に。坂上は「アンナちゃんみたいな生き方もあると思うん」としながらも
    、誤解や批判を受けてしまうのはその“言い訳”にあると指摘。
    「アンナちゃんが娘を第一に考えているっていってもイマイチ響かない。やっぱ“女”なんでしょ? 女であり芸能人なわけでしょ? それならきれいサッパリ、
    『そこで(女性として、芸能人として)生活して、経済力をちゃんと保って、その分を娘に還元するやり方だ』ってスパッと言っちゃった方が気持ちいいような気がしますけどね」と助言した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12930736/
    2017年4月13日 16時25分 日刊スポーツ
    2:2017/04/13(木) 17:12:30.33 ID:
    お前より響くわ
    【坂上忍「イマイチ響かない」梅宮アンナの育児論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/12(水) 13:13:44.62 ID:
    女優の芦田愛菜が4月8日、慶應義塾中等部の入学式に出席。中学校生活をスタートさせた。
    芦田は多忙な女優業の合間を縫って中学受験にトライし、超難関の慶應、ならびに女子校御三家の一つである女子学院に合格。
    どちらに進学するかに注目が集まる中、全国的な知名度を持つ慶應を選ぶ形となった。

    女子学院に縁のある関係者からは芦田が同窓生にならなかったことを残念がる声が漏れ伝わるなか、外野からは芦田の選択に「残念すぎる!」との声も飛んでいるようだ。
    そのワケを中学受験事情に詳しい女性誌ライターがささやく。

    「女子学院では芸能活動を禁止していますから、芦田がここを受験した理由からして謎です。
    いくら彼女が有名だからといって147年の伝統を誇る女子学院が例外を認めるはずもなく、だからと言って中高の6年間にわたって女優業をお休みするとも考えづらい。
    そう考えると彼女が女子学院を併願したのは、“腕だめし”だったのではと勘繰りたくもなりますね」

    一方の慶應では芸能活動が容認されており、芦田の志望校としては順当だ。しかし仮に、慶應に落ちて女子学院に受かっていた場合、どういう選択となっていたのか。
    芸能活動を理由に入学を辞退するのであれば、そもそも女子学院を受ける理由がないと思われるのだが‥‥‥。

    「難関の女子学院に合格すれば、とびきり頭がいいという“箔”をつけることができる。
    もしそういう理由で受験したのであれば、したたかさも感じてしまいますね」(前出・女性誌ライター)

    いずれにしろ、女優業も学業でもトップを獲った芦田の才能はミラクルというほかない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1299694/
    2017.04.12 10:15 アサジョ
    4:2017/04/12(水) 13:16:05.38 ID:
    計算高いくそがき、いや、計算高いのは親か。

    慶応なんかAOで即刻入れたろう。
    【芦田愛菜の慶應中等部入学で「学校選びが巧みすぎる」との声が!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/04/07(金) 17:57:10.43 ID:
    女優、有村架純(24)が主演するNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が、初回視聴率20%の大台割れでのスタートとなった。
    体重を増やしてまで挑むヒロインだが、不安な船出となってしまったようだ。

    「ちゅらさん」の岡田惠和氏が脚本を手がけ、「あまちゃん」でブレークした有村がヒロインとあって注目されていたが、
    朝ドラの初回20%割れは、2012年後期の「純と愛」以来という低空発進となった。

    「前作の『べっぴんさん』は全話平均では20%を超えたが、3月に入ってからの視聴率が軒並み20%を割るなど低調で、
    最終回も19・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にとどまった。
    そういう意味では視聴習慣が途切れてしまったことが影響しているのでは」と放送関係者。

    そして「有村は、自身もインタビューでも視聴率が気にならないといえば嘘になると話していたように、高視聴率を期待されているし、本人も意識している。
    それだけに予想を下回るスタートは半年間の長丁場での不安材料になりかねない。
    精神的な負担にならなければいいが」と続ける。

    ただ有村の不安はそれだけではないようだ。

    「実の姉である有村藍里が先週発売の週刊誌『FRIDAY』でヌードを披露しました。
    姉はそれまで新井ゆうこの名前で活動し、有村との関係も一応伏せていました。
    しかし今回本名に戻し、見出しでも“有村架純の姉”と打ち出しているほど。
    妹が朝ドラヒロインで注目を浴びるタイミングだけに、妹の足を引っ張ることにならなければいいのですが」とは出版関係者。

    なかなか前途多難なようだが、どこまで盛り返せるか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12905157/
    2017年4月7日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)

    2:2017/04/07(金) 17:59:51.73 ID:
    ヌード画像はよ
    5:2017/04/07(金) 18:03:07.98 ID:
    姉のヌード以外何も興味沸かねえ
    ひょっとこ?何だその糞ドラマ?
    51:2017/04/07(金) 19:26:34.72 ID:
    45 46: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 [] 2017/04/07(金) 14:42:20.58 ID:EEkWVwGl0
    >>17
    これからかなり鬱で悲惨な展開になるよ

    【来週】
    父親が蒸発して行方不明

    【再来週】
    借金返せなくなり娘が卒業後東京に出稼ぎ集団就職

    【その次週】
    出稼ぎ先会社が半年で潰れ解雇

    【その次週】
    レストランのオーナーに知り合いの会社紹介され内定貰うも入社前に経営難で内定取り消し

    【その次週】
    レストランのオーナーに同情されレストランで見習いとして働く
    【有村架純を覆う“不安の影” 「ひよっこ」低空発進…実姉は週刊誌でヌード披露】の続きを読む

    このページのトップヘ