【リオ五輪】銀メダル号泣の吉田沙保里に、ミッツ・マングローブ「しらけちゃって」発言、非難轟々で秒速謝罪[16/08/20]
1:2016/08/20(土)19:42:27 ID:
ベテラン歌手の中尾ミエ(70)が19日放送のTOKYO MXテレビ
「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。
リオデジャネイロ・オリンピックのレスリング女子53キロ級で
オリンピック4連覇を逃すも、銀メダルを獲得した
吉田沙保里(33)=YSW=が試合直後と表彰式で号泣し続けたことについて
「もう涙は見せて欲しくない」と話した。

吉田の涙について聞かれた中尾は
「やることはすべてやったんだし。本当に悔しいと思うなら、まだやればいいし、
もう無理と思ったら潔くやめればいいんだし」とさばさばした口調でコメント。
国民栄誉賞にも輝いた霊長類最強女子の号泣に
「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」ときっぱり続けた。

共演のミッツ・マングローブ(41)も
「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった。
マラソンのふざけた(コメントした)人の方が泣けましたよ」と、
92年バルセロナ五輪男子マラソンでレース中に転倒、
8位に終わった谷口浩美さんの例を挙げ、苦笑していた。

スポーツ報知 8月19日(金)17時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000178-sph-ent
3:2016/08/20(土)19:45:14 ID:
女装家でタレントのミッツ・マングローブが、
女子レスリング・吉田沙保里選手に関する情報番組でのコメントについて
ブログで「申し訳ありませんでした」と謝罪した。
言葉を生業とする者としての深い反省が綴られている。

リオ五輪・女子レスリング53キロ級でオリンピック4連覇を逃し、
「銀メダルに終わって申し訳ない」と号泣していた吉田沙保里選手。
「たくさんの方に応援していただいたのに」
「日本選手の主将として不甲斐ない」とひたすら詫びる彼女に対して、
各局のニュースや情報番組のコメンテーターは皆、
これまでの功績を称え温かい労いの言葉を贈っていた。

だが19日放送の『5時に夢中!』では、吉田選手の号泣について
金曜アシスタントのミッツ・マングローブが「シラけちゃって、一粒も涙が出なかった」、
金曜コメンテーターの中尾ミエは「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」との発言があった。
この件を一部スポーツ紙が報じたところ、ネット上では
「言っていいことと悪いことってある」
「心ない言葉ってのはこういう事をいうのだろう」
「あそこまでやった苦労を考えたら、お疲れ様でいいじゃないか」
「泣かずに胸をはって欲しいとは思うけど、しらけるなんて酷い言葉は言えない」
などと批判が集中したのだ。

「非難が殺到している」と聞いたミッツは、
報道の内容と録画で自分の発言を確認しオフィシャルブログを更新。
「非難されてしかるべき発言だと思います」と自らの非を認め、
「申し訳ありませんでした」と謝罪した。
ミッツが「シラけた」のは吉田選手の涙や試合結果ではないというが、
その真意は明らかにされていない。
生放送の情報番組で誤解を生む表現しかできなかったのは、
評者として失格だとし弁明はしないという。

また中尾ミエは吉田選手の壮行会に出席するほど彼女のファンであり、
“これだけの功績を上げた選手に涙は似合わない。もう泣くな”という
励ましを込めてのコメントだったと説明、
ミッツは自分の失礼なコメントと一緒に扱われたことに大変恐縮しているようだった。

他にも女子マラソン・福士加代子選手の名が思い出せず
「ちょっとふざけちゃったマラソン選手の方が、よっぽど泣けた」とぼかして話したところ、
92年バルセロナ五輪・男子マラソンでレース中に転倒した谷口浩美選手と解釈されてしまったことも明かした。
そしてミッツは「メディアで仕事をさせて頂いている以上、
もっと言葉や表現を的確に、お洒落に選べるよう、鍛錬します」
と強い決意を表していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11913046/
4:2016/08/20(土)19:51:03 ID:
ソース元にはミッツオフィシャルサイトへのリンクもあったが
アクセス数稼ぎに加担したくないので削除

「5時に夢中」は好きだが、金曜はミッツの原稿読みも
中尾ミエのコメントもつまらないので見ない
それにしてもよくこんな酷い発言ができるもんだと唖然とした
オカマ風情が何様だよ
そういうつもりじゃなかったけど、真意は言わない
誤解されたのは自分が未熟なせいだから言い訳はしない
非難されたから謝罪はするけど、「吉田の涙を見てしらけた」って
そのこと自体は否定してないんだよな
これ謝罪かね?
7:2016/08/20(土)20:58:37 ID:
ずっとトップを走り続けてきて、
毎日努力し続けてきた人間に対して、
何の努力もしていないオカマがバカにしたことをいうの意味不明
吉田と同じだけ努力し成果を出してから言えよ
8:2016/08/20(土)22:03:34 ID:
この人も知らないし、この番組もしらないし、つまり見てないからあれだけど
「泣かなくてもいい」って意味だとしても、失礼な話だな。

ボクらには、彼女の背負ったプレッシャーのすごさを想像するしか出来ない。
10:2016/08/21(日)04:12:16 ID:
今のふざけたTV業界人が頑張ってるオリンピック選手に向かって
上から発言したり見下ろしたりするのはすごい違和感っすなぁ
13:2016/08/22(月)01:25:31 ID:
最近ホントにテレビがつまんないからなぁ
ミッツは話が生々しくて嫌悪感を持っているので
さっさと消えてほしいわ

その点、マツコは毒舌吐いているようで
実は節度をわきまえてる
使い勝手のいいタレントなのかもしれない、ってちょっと思ったわ
オカマ軍団の中で一人だけ異彩を放ってるもの

14:2016/08/22(月)11:19:38 ID:
ミッツ謝罪文も火に油で「再炎上」 吉田沙保里に「しらけた」理由の説明なし

リオ五輪女子レスリングの吉田沙保里選手が決勝で敗れたことに関し、
タレントのミッツ・マングローブさん(41)がTV番組で「しらけた」と発言し
激しい批判を浴びたことで、自身のブログで謝罪する事になった。

しかしその謝罪文は「炎上」の火消しにはならず、かえって火に油を注ぐ形になってしまった。
「しらけた」発言の意図を説明していないし、自分よりも「炎上」させた方が悪い、
と言わんばかりの内容になっていると受け止められたからだ。

問題の発言は2016年8月19日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)でのこと。
吉田選手の決勝敗退を取り上げ、司会のふかわりょうさんが「これは泣けました」と
吉田選手の心情を察するように語った時に、ミッツさんは、
「ふかわさんは心の綺麗な方なんだよね」と言った後、
「涙がひと粒も出なかった。かえってしらけちゃって」
と発言したため、
「吉田は素晴らしかったぞ!」「何様のつもりだよ?」などとネット上で激しい批判が起こった。
一方で、銀メダルに終わったのは残念だが、負けた後に幼児のようにずっと泣き、
謝罪の言葉を口にする3連覇王者の姿を見ていると、
ミッツさんの言いたいことも分かる、という声も結構あった。

ミッツさんは「しらけちゃって」発言の翌日、8月20日のブログに今回の騒動の謝罪文を掲載したのだが、
それがかえって火に油を注ぐ形になりさらに激しい批判が出る事になった。
謝罪文には、
「申し訳ありませんでした。誤解を生む・生まないとか、真意として、何に対して
『しらけた』かを弁解する以前に、表現が稚拙で、無粋で、失礼です。
テレビのやりとりの中で発した言葉が、活字として切り取られることも承知しておきながら、
これほどまでに言葉足らずな表現をしてしまったことに反省しています」
などといったことが書かれていて、吉田選手の戦う姿や結果にしらけたのではない、
という弁明もしている。
「バカ相手には、とりあえず謝ればいいと思っている」
ミッツさんの謝罪文が問題視されているのは、何に「しらけた」かの説明がないこと、
「炎上」は自分の責任ではないとも読めること、批判が出て直ぐに謝罪文を出したこと、
などだ。
掲示板「2ちゃんねる」ではスレッドが林立する「祭り」状態になっていて、

「バカ相手には、とりあえず謝ればいいと思っているんだろ」
「謝ってる風だけど、決して自分は間違ってなかったって意思を感じるわ。
ベッキーと同じ。間違ってないと思ってるなら、 何にしらけたのかはっきり言いなさいよ」
「ミッツが思ったことを言うのは自由だから本当に思ったなら堂々と言えばいい。
そのかわり言ったことには責任持てよ。ソッコー日和ってんじゃねー」

などといったコメントが並んでいる。
ミッツさんの発言に賛同したり、擁護していた人たちも
いきなり梯子を外された気分になって憤慨しているようだ。

J-CASTニュース 2016年8月21日 15時36分
http://news.livedoor.com/article/detail/11916185/

以下、ツイッターの反応

 

 

 

ミッツ、、、、残念。最低。